ページ

2008年7月24日木曜日

越谷市商工会セミナー初心者のための「決算書の見方・読み方」。

越谷市商工会セミナー初心者のための「決算書の見方・読み方」。越谷市商工会セミナー初心者のための「決算書の見方・読み方」。話の始まりに東インド会社とかルイ14世とか出てきてちょっと驚いた。決算の歴史からだった。唯一メモできたのは現金主義ではなく、発生主義へということだけ・・・。あとは街金融に一度でも借りたら銀行アウトというのだけ覚えている。自分の場合はそういうことないだろうな。もう借金はしない。資料にある手形とか扱わないだろうし、材料とかもない。終了後の交流会でご年配の方の話が参考になった。起業して10年は大変だったらしく、会社を辞めない方がいいと週末起業を強く勧められた。Automatically translated text:Koshigaya Chamber of seminars for beginners "view of how to read financial statements." The story began with the East India Company and Louis XIV and getting a little surprised. Earnings from history. The only note of the cash basis was not the only thing the accrual basis. After the city but once you borrow to finance the bank out of memory. If you do not take it no one's time. I do not debt. The bill would扱わないarticle or the material or not. After the meeting with seniors who are also talking about.

0 件のコメント:

コメントを投稿