ページ

2005年5月28日土曜日

世の中

金かと思った。引っ越しで車の駐車場が変わったので変更の書類を警察に届けなければならない。免許証の住所変更は既に完了。駐車場の場合は契約書のコピーか、土地の所有者の確認が必要だった。はじめにコピーを持っていったところ、契約書の文面が車庫証明のために1ヶ月だけ契約したととれる内容だったため受理されなかった。そして今日、契約しているという証明で名前を書いてもらうよう土地を管理している隣の寺へ行った。訪ねるとおばあちゃんが出てきた。管理しているだけあってすぐに分かってくれた。そして一言「他でももらっているように半月分頂いているんですけど、かまいませんか?」初め何を言っているのか理解できず、聞き返した。書類を書くのに3千円ということだ。仕方がない。書いてもらわないと困る。はんこも必要だし。3千円と用紙を渡す。地図は?と聞かれたが既に自分で書いていたため大丈夫と答えた。提出書類の中に自宅からの距離や駐車場内の位置を示す地図を書く用紙がある。道幅を書いたりと、かなり面倒くさかった。あれも書いてもらえたのか!と一瞬心の中で思った。すぐに紙が戻ってくる。住所、名前、印鑑。これで3千円。他でもみんなとってるのかなぁ…。

2 件のコメント:

  1. え!そんな面倒臭いの??
    うちのダリンコはそんなことしてなかったような…。
    ていうか、寺の人も¥3,000は取り過ぎじゃないの?
    世の中難しいねー。

    返信削除
  2. 手続きは本当に面倒です。
    もう簡単には引っ越しできない。

    寺は建物がすごく立派なんだけど…。
    駐車場はただの砂利で、よれよれのロープで区切ってあるだけ。

    出したお金は整備に生かされないのかな?

    返信削除